バルーンシェード施工例

お久しぶりです、石巻店ですm(__)m

この猛暑に負けてしまい夏バテしていました…。

さて、いきなりですがバルーンシェードと言うものに聞き覚えはありますか?

バルーンシェードはベルサイユの薔薇や、洋画などに出てきそうなアレです。

こちらの特徴は生地を上げたときに、丸みを持たせて上がるので、

バルーン(風船)シェードと名づけられました。

ゆったりとしつつ、エレガントな空間になりますので窓装飾として

おすすめの商品です。


シェードは複数存在し、バルーンシェードはその一つでしかありません。

他にも様々な形態があり、一般住宅においてもプレーンシェードや

バルーンシェードなどはとても多く使われています。


今回は上記画像の赤丸が付いているシェードの施工例をご紹介致します。


今回お取付けしたのはお庭の緑が綺麗に見える、大きな縁側の窓でした。

取り付ける前は、厚地とレースのカーテンを長年お使いになられていましたが

バルーンシェードを予てから付けてみたかったとのご要望です。


お取付けした窓の端から端までで約7mの大きな窓でしたので

2台に分けてお取付けさせていただきました。

生地を上げれば丸みを帯びているバルーンスタイルになり

生地を下げれば可愛らしい裾フリルのレースカーテンになります。


お客様からは「長年の夢が叶った」と仰ってくださいました。

カーテン屋、冥利に尽きますなぁ…

カーテンホーム21公式HP