変形カーテン 施工例

お久しぶりです、石巻店です。

今年も残すところわずかとなり、皆様におかれましては

年末に向けて慌ただしくお過ごしのことと存じます。

さて、今回はカーテンの施工例をご紹介いたします。

この時期になると沢山のお声を頂く、お部屋の間仕切りです。

今回のお客様のご要望は、リビングが寒いので部屋を大きく区切って

冷気を遮りたいとの事でした。   
上の写真のように部屋の端から端までカーテンを取付けしました。

カーテンはヒダを取らずにフラットスタイル縫製にし、スッキリとした印象になります。

遠目からの写真ではどこが変形しているのかが

よく分かりませんが、近くから見てみるとこの様な感じです。

本棚に干渉する部分をカットすることにより天井付近や本棚の下まで

カーテンで仕切ることが出来ます。

なおかつ意匠性もあり、お部屋の内観を損ねません。

また、カーテンの端々にマグネットを取付けしたので左右どちらからでも

開閉が可能で、出入りも簡単にできます。

本棚に沿って生地を切り欠いているので、切り欠きの下部の生地は

マジックテープで固定して生地の捲れを防ぎました。

マジックテープであれば、簡単に取り外しが可能なうえ、隙間を作らず冷気も抑えられます。

固定することにより見た目と機能のどちらも生かされております。

ご依頼頂きましたK様、誠にありがとうございました。

間仕切りをご検討中のお客様は、是非当店までご相談ください。

スタッフ一同、ご来店の程お待ちしております。